FC2ブログ

みちYOSAユースブログ

みちのくYOSAKOIまつりの学生実行委員が日々の活動を綴っています

つなまつ!

皆さまこんにちは!

最近イヤホンを壊しがち、ユース代表のこーりこです!

更新予定日からかなり時間が空いてしまい本当に申し訳ございません…

次回からは更新日に投稿できるよう努めます。


さて、今回のユースブログは少々熱い内容となっております!
なぜなら…


5回つなまつin京都集合写真



2月19、20日に「京都でまつりがつながった」通称つなまつ)に参加してきたからです!!

ここで少しつなまつの説明を…
つなまつとは、YOSAKOI学生実行委員の交流会「○○でまつりがつながった」の略称です。
全国から実委が集まり、お互いのまつりのことを話し合ったり、熱く語り合ったり…
聞いただけでワクワクしますよね!!

今年で5回目となるつなまつは、京都学生祭典さん主催で行われました。
場所はもちろん京都です!

他にもこいや祭り、どまつり、神戸よさこいまつりの実行委員の皆さんが参加しました!
皆さん私が仙台から来たというと、「遠いところからよく来たね!」と優しく迎え入れてくださいました(;_;)
とても嬉しかったのをおぼえています。


今年のテーマは「ひとりでも多くお祭りに来てもらうための工夫」で、2日間、班に分かれてこの問題に取り組みました。
まずは1日目の感想から…



1日目は各団体の問題について話し合いました。
私が驚いたのはまつりは違えど、抱えている悩みは同じ!ということです。
他団体の問題の解決策を考えると、みちYOSAユースの問題点の解決策を考えていることにもなりました。
具体的な解決策を考えていただいたので、今度実践してみようと思います!

その後、京都探索や夕食、レクリエーションなどで他のまつりの方々と沢山お話することができました!
自分たちのまつりの話はもちろん、趣味の話もすることができ、とても楽しかったです!

楽しい夕食の後は2日目にするプレゼンの準備をしました!
プレゼンの課題は「つなまつ祭りを再び発展させるために、どのような対策を取るか」です。
(本当はもっと長く、しっかりしてます(笑))

この課題にはほんっとうに苦戦しました。
何をしたら観客を感動させられるのか?知名度をあげるには?リピーターを増やすには?
考えても考えても納得のいく答えを出すことはできませんでした。


しかしそれは私が1人で考えたときの話です!
班の皆で話し合うと、自分では思いつかないような考えが出てきて、かなり熱い話し合いになりました。
ここはこうした方がいいんじゃないかな?、これすごくいいと思う!など1人1人の意見が重要でした。
皆さんすごく柔軟な考え方をしていて、固定概念にとらわれていた私を助けてくれました!
「まつりを盛り上げたい」というゴールに向かって夜通し話し合い、発表の準備をしたあの時間は一生忘れないと思います。



2日目、ついにプレゼンの時間です!
他の班のプレゼンを聞いていると、「こんな視点もあったのか!」 「これやってみたい!面白そう!」とたくさん思わされました。
案だけではなく、発表の仕方が工夫されていて話に引き込まれる班もありました。
本当に勉強になることばかりで、聞いていてとても刺激を受けました。

自分の班のプレゼンでは、自分の言いたいことをわかりやすく他の人に伝えることを目標に私は話しました。
あまり練習しなかったため何度も同じことを言ってしまい、成功とは言えない発表でした…。
この経験は必ず次に活かします!


つなまつを通して、たくさんのことを学びました。
そして改めて、私はまつりが、YOSAKOIが、なによりみちYOSAが好きだと思いました!
これからもよりよいみちYOSAとなるよう、努力してまいります!

主催の京都学生祭典さんをはじめ、参加して私たちとつながってくれた全ての皆さん!
ありがとうございました!!
スポンサーサイト
[ 2019/04/01 17:58 ] 活動報告 | TB(-) | CM(-)